新工房 建築過程 H23.6 〜H24. 9

→ TOPページに戻る

幾何学的な屋根の構造が好きです。 できるならここで工事を止めたいほどです(笑)。

下から見上げると・・・青空との美しいコントラストにうっとりします。

炎天下での屋根部分の作業です。

丸鋸で壁に窓の部分を切り抜いている写真です。危ない作業です。 慎重に・・・。

一人では無理な作業も2人なら楽々。

お世話になった友人のビルダーさんたち。子供の頃、近所の草むらで仲間と『秘密基地』を造った感覚で楽しく作業しました。右が私

それでもこのくらいの欠き仕事はなんとか私にもできます。 写真のそれは屋根の根太受けです。

このようなジョイント部分はさすがに素人の私には無理です・・・。 プロのビルダーさんの出番です!

事務所となるスペースには床に断熱材をしっかりと埋めます。

土台となる床を組んで行きます。 写真は私です。

お願いしていた部材が届きました♪

べた打ちの基礎が出来上がりました! このあといよいよ建て方です。

プロの方にお世話になりました。 丁寧に作業が進められます。

まずは整地。 ユンボでテンポ良く整って行きます。

自分は建築の素人ですが、自身で原案の図面を書いて、建築士さんに製図→建築許可 を頂き進めました。 基礎は難しいのでプロの基礎屋さんに。建て方は、友人の工務店「山林舎」より部材提供とビルダーさんの応援もお願いしました。上下水の工事は自分自身で。また電気工事は資格を有する友人に頼みました。外壁および内装工事は自分一人で行ったため、完成まで1年という時間を要して平成24年9月にやっと完成です♪

屋根が仕上がってからはビルダーさん達の応援なしで、一人で内装工事をしてきました。

途中、旧工房での燻製製造の仕事もしながらの建築なので、完成までかなり時間が、かかってしまいましたが、ついに 平成24年9月に完成しました!

ご協力頂いた方々に感謝です。

だんだん形になって行きます。